--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONE PIECE ワンピース 第563話 心臓一つ 人間一人

2010年02月03日

ONE PIECE ワンピース 第563話 心臓一つ 人間一人

まだ、ジャンプを読んでいない方にはネタバレになりますので、ご注意ください。

◆扉絵
チョッパーが鳥たちに、わたあめをあげて戯れてます。
後ろにあるのは丸虹??

◆本編
うわあああああああああああああああああああ!!!
オヤジィ~~~!!

海賊達の悲痛な叫びがマリンフォード全体に響き渡る!!
バギーたちが海兵から奪った唯一の電伝虫が、シャボンティ諸島へ白ひげがさされた衝撃を伝えます。

--マルコ
 スクアードォ~~~~~~!!
 なぜお前がこんな事!!

息が上がっているスクアード、後ろからマルコが現れてスクアードの頭を押さえつける。

--スクアード
 うるせェ
 こうさせたのはお前らじゃねぇかァ!!

 こんな茶番劇やめちまえよ!!"白ひげ"!!!
 もう海軍と話はついてんだろ!?
 お前ら"白ひげ海賊団"とエースの命は必ず助かると確約されてんだろ!!?

--新世界の海賊
 何言ってんだ!?
 どういう事だ!!?

--スクアード
 おれ達ァ罠にかけられたんだよォ
 おれァ知らなかったぞエースの奴が…あのゴールド・ロジャーの息子だったなんて…!!
 おれがアンタに拾って貰った時…!!!
 おれは一人だった……!!
 なぜだか知ってるよな!?
 長く共に戦ってきた大切な仲間達をロジャーの手で全滅させられたからだ…!!!
 おれがどれだけロジャーを恨んでるか知ってたハズだ!!
 だったら一言言ってくれりゃあよかった…!!!
 エースはロジャーの息子であんたはエースを次期"海賊王"にしたいと思ってると!!!
 その時すでにおれァお前に裏切られてたんだ…
 エースとも仲良くしてた…
 バカにしやがる!!
 そしてお前にとってそれ程特別なエースが捕まった…!!
 おれ達傘下の海賊団43人の船長の首を売り!!
 引換えにエースの命を買ったんだ!!!
 白ひげ海賊団とエースは助かる!!!
 すでにセンゴクと話はついてる!!!
 そうだろ!!?
 そんな事も知らずにどうだ!!?
 おれ達は……!!
 エースの為白ひげの為と命を投げ出しここまでついて来て
 よく見ろよ!!!
 海軍の標的になってんのは現におれ達じゃねぇか!!!
 波の氷に阻まれてすでに逃げ場もねェ!!!

スクアードはロジャーに仲間を全滅させられていたんですね…
これだけ長いセリフを見たのは初めてな気がしますが、それだけスクアードの必死さが伝わってきます。
単純に考えれば、そんな取り引きなんてしないだろぉと思うけど、、スクアードには周りを見る余裕がなくなっている様子。

--スクアード
 ハァハァ…
 一撃刺せただけで奇跡だ…
 もう覚悟はできている…

スクアード…、やはり覚悟の上だったのか。
これはただの裏切りじゃない。
ここまでスクアード追い詰めたのはなにか…

--赤犬
 これからの集中攻撃
 お前ら傘下の者達のみが攻撃される
 白ひげ海賊団には一切手を出さんけェの…

赤犬…おまえかぁ!!
お前が裏で…、なんてことを。。

--スクアード
 信じたくなかった…
 おれァ目を疑ったよ……!!

--マルコ
 バカ野郎!!
 担がれやがったなスクアード!!!
 なぜオヤジを信じない!!

--スクアード
 てめェまでしらばくれやがってマルコォ!!!

--白ひげ
 エースが息子だってのは事実…
 それに最も動揺する男を振り回した…
 奴らの作戦がおれ達の一枚上をいったんだ

スクアードは利用されたのか…
なんていうことだ、これが海軍の作戦か…ひどい。。

--センゴク
 青キジィ"!!!


センゴクの掛け声と同時に青キジは、電伝虫とバギーたちを凍らせる。
同時に、シャボンティ諸島に送られていた最後の映像が切れます…

さらに海軍の次の作戦「包囲壁」が作動します。

バギーは大丈夫か…
それに最後の映像も切れてしまった。
始まってしまう…、エースがピンチ!!

一方、意外な男が白ひげに向かって叫ぶ。

--クロコダイル
 あの野郎…
 みっともねェじゃねェか!!"白ひげ"ェ!!
 おれはそんな"弱ェ男"に敗けたつもりはねェぞ!!!


クロコダイル…お前…、なんかいい奴じゃねェか!!
白ひげが刺されたことで、何か隠していた感情が溢れてきたのか…

--マルコ
 そうだ何より避けられたハズなんだよい
 今までのオヤジなら…!!
 どんだけ不意をつかれても心を許した仲間の攻撃だろうともこんなもんくらうアンタじゃなかった…!!
 それが問題なんだよい…!!
 体調は悪化するばかりだ

白ひげはやはり病を患っているのか…、それとも老いか、その両方か…
どちらにしても、白ひげに最盛期の力は残っていないのか…


--白ひげ
 スクアード…
 おめェ仮にも親に突き立てるとは……
 とんでもねェバカ息子だ!!

--スクアード
 ウァァ!!!

スクアードは、悲痛な叫び声をあげる。死への恐怖か…、懺悔か…




そして、、




--白ひげ

 バカな息子をそれでも愛そう…





白ひげはスクアードを抱きしめた。
なんていう男だ…白ひげ。
これが海の王者か、世界最強の男の器というものなのか…




--スクアード
 …ウグ…!!?
 ふざけんな!!!
 お前はおれ達の命を…!!

--白ひげ
 忠義心の強ェお前の真っ直ぐな心さえ…
 闇に引きずり落としたのは…
 一体誰だ

--スクアード
 …海軍の反乱因子だ…
 お前をさせば部下は助かると!!

スクアードと赤犬の回想へ、、

--赤犬
 わしはこの作戦に反対なんじゃ
 この戦いで討つべきは"白ひげ"!!
 それをみすみす逃がすとは以っての外じゃァ
 わしに協力するならお前らを助けちゃる

--白ひげ
 「赤犬」がそう言ったか…
 お前がロジャーをどれ程恨んでいるか…
 それは痛い程知ってらァ… 
 だがスクアード親の罪を子に晴らすなんて滑稽だ…
 エースがおめェに何をした…!?
 仲良くやんな…エースだけが特別じゃねェ…みんなおれの家族だぜ…
 まったく…衰えてねェなァセンゴク…!!
 見事にひっかき回してくれやがって…


白ひげは、波の氷を地震を起こして破壊し、新世界の海賊達に退路を作ります。

--白ひげ
 海賊なら!!信じるものはてめェで決めろォ!!!!

白ひげの言葉を聞いて、新世界の海賊達はすべて海軍の作戦だったことに気づく。
そして、白ひげの器の大きさを改めて感じている。

--白ひげ
 "弱ェ男"か……
 勝手な事言いやがって…
 勘弁しろよワニ小僧…!!
 おれだっておめェ…
 心臓一つの人間一人
 悪魔だの怪物だのと言われようとも…
 いつまでも"最強"じゃいられねェってんだよ…!!
 若ェ命をたった一つ未来につなげりゃお役御免でいいだろう…!?


白ひげの胸からは血が溢れている。
白ひげも死を覚悟しているのか…
最強といわれ続けた男の最後の望み、それは、若い命を未来につなげること。
自分にとって特別な存在…、ロジャーの息子、エースを救うこと!!

エースは、『オヤジ…』とつぶやき、スクアードは後悔の大粒の涙を見せる…

--白ひげ
 おれと共に来る者は
 命を捨ててついて来い!!!


白ひげが船を飛び出す!!
ついに白ひげが動く!

--センゴク
 構えろォ!!!
 暴れ出すぞ!!!
 世界最強の男がァ!!!!


今週終わり。。

スクアードの行動は海軍の作戦だった…
自分の中で一番可能性が低いと思っていた。
それは、海軍=正義の作戦にしては卑怯すぎるから…
それにセンゴクが、いくら智将と呼ばれても、白ひげに対して一定の敬意を払っていると思っていたから…
でも、海軍とセンゴクにそんなものは一切なかった。
相手が海賊だからとかそういうレベルではない…

忠義心のスクアードを利用し、白ひげをさすとは…
本当に勝利の二文字だけあればよいのか…

ロジャーがセンゴクではなくガープに息子を託した理由がよく分かった。
それはセンゴクは人として信用できない…

先週はパシフィスタ軍団の登場と白ひげがさされたことで、戦局は一気に海軍に傾くと思った。
けれど、このことが海賊達の士気を高め、白ひげは傷を負ったが本気になった。
もしかすると、クロコダイルの心も味方につけたのかもしれない…


トラックバック(言及リンク設定なしです。お気軽にどうぞ☆)

この記事のトラックバックURL
http://moyamoya2.blog99.fc2.com/tb.php/91-03024cf8
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。