--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ ワンピース 第496話 いつか海へ!三人の悪童 ちかいの盃!

2011年05月03日

遅くなりましたが、今週のアニワン感想です。

■エースに勝てないルフィ

エース、ルフィ、そしてサボの三人で暮らす日々。
三人の勝負では、ルフィは一勝もできず・・・。

昔はなんも食ってなかったからな
それでもおれは勝負して一回も勝ったことがなかった
とくかく強ェんだエースは!
(18巻)

アラバスタでエースに一度も勝ってなかったと話していましたけど、本当だったみたい。

お前らおれが10歳になったら
ブっ倒してやるからな

と負けても気合十分なルフィですが、結局何歳になってもエースには勝てなかった、と。
二人の3歳差が大きいというのもあったのでしょうけど、
ルフィには負けられない、弟には負けられない!って気持ちがエースを強くしていたのかも。

あと、三人で戦う時って、エースもサボも鉄パイプを持ってないんですよね。
鉄パイプは大人との体格さを埋めるためのものなのかな。

■サボとラーメン

ゴア王国で、三人はラーメンを食い逃げしてました。
サボとラーメン・・・。ナルトネタ?(ニヤリ

原作にもこの場面はありましたから、ナルト用のネタというわけではなく、
もしやこのシーンに併せて竹内順子さんをアサインしたのかな?と思ったり。

それにしてもラーメンはおいしそうでした。。

■貴族と王族

サボが貴族の息子だったことが分かりました。
でも、実はサボの服装とかを見ると予想できちゃったりするんですよねー。
私もWJを読んでるとき、なんとなく気付きました。

で、今回気になったのは王族と貴族の違いでしょうか。
王族の息子が、サボをいじめる場面があったり、両親が王族の娘と結婚させたがったり。
王族と貴族には、相当、差があるようです。

これはゴア王国の話ですが、世界政府に目を向けると「天竜人」がいます。
彼らは800年前に「世界政府」を作り上げた20人の王達の末裔と言われ、「世界貴族」とも呼ばれています。

地位を並べてみると、『天竜人=世界貴族>王族>貴族』となるかと思いますが、
世界政府加盟国のアラバスタ王国には王族(コブラやビビ)はいても貴族はいませんでした。

結局、王族と貴族の違いってよく分からないのですけど、
世界の法があって、天竜人にはだれも逆らえないという(暗黙の?)ルールがあるように、
王国単位でもそれぞれルールがあるってことなのでしょう。

アラバスタ(コブラ)は「国とは人」、ドラム(ワポル)は「国は自分のもの」と考えていたように、
同じ世界政府加盟国であってもいろんな国がある。
で、今回のゴア王国は「徹底した隔離」を目指してる国の一つで、
王族と貴族で身分差を強くしている、という感じなのでしょう、たぶん。

■エースとサボとルフィの夢

三人が自分の夢を話し、盃を交しました。気になるのは、原作同様、ルフィの夢の部分でしょうか。
エースとサボの反応を見る限り、海賊王になること以外もありそう。
他の記事でも書いた気もするのですが、エースが最期に言った

心残りは…一つある
お前の…"夢の果て"を見れねェ事だ…
(59巻)

の、「夢の果て(続き)」。それに、シャンクスが言っていた、

"東の海に・・・"
ロジャー船長と同じ事を言うガキがいたんだ・・・!!
船長のあの言葉を・・・!!
(52巻)

「ロジャーと同じ言葉」。だと思うんですよね、きっと。

詰まるところ、ルフィは海賊王になって、ワンピースを見つける。
そして、その後の世界に何か大きな夢(希望)を持っていると・・・。

で、それはロジャーの夢と同じで、ロジャーが死の病にかかり果たせなかった夢と思うわけです。
私の中では「世界を一つにつなぐんだ!」みたいな感じじゃないかなぁと、妄想してますけど。

サボに関しては、エースが言ってた「航海士」ってところが気になりますね。
知識もあるし、頭もいいですから。大人になったら、航海士になってるのかな・・・。

エースは「自分を嫌う奴らを見返す」「自分の名を世界に知らしめる」、
そして「最高の名声を手に入れる」というのが、この時の夢だったんですよねぇ。。
でも、最期に気付くのです・・・。

おれが本当に欲しかったのは
名声なんかじゃなかったんだ
おれは生まれてきても良かったのか
欲しかったのはその答えだった・・・
(59巻)

サボ、ルフィ、そして白ひげと仲間たち。
エースが海で出会った人たちがエースに答えを教えてくれたんですね・・・。
あああああ、エースぅぅぅ。。

というところで、感想終わりです。
次回は、アニメオリジナルのエピソードが多そうな感じで、楽しみです。


フィギュアーツZERO ポートガス・D・エース
バンダイ (2011-08-31)
売り上げランキング: 42
おれたちは今日から兄弟だ


コメント

※コメントの返信はたぶん、すごく遅いです。ご了承ください。
※コメントはツイッターからでもOKです。ご気軽にどうぞー。
  1. zebra | URL | ngCqAwRo

    サボが キレるのは 当たり前だ! でも 盃で義兄弟のちぎりをかわしたシーンは すばらしかった

     こんばんは、はじめまして もやもやさん

    ルフィ、サボ、エース この3人 いいですね~(^^) ワルガキに磨きがかかってゆく様が・・・

     けど、サボが貴族の生まれなのが意外でしたよ~v-219

    両親の期待にこたえるべく、王族の娘と結婚するため勉強と習い事にはげむサボ・・・
    だが、両親は地位と財産を守ることしか頭にない・・・

     せっかくサボが書いた似顔絵を 冷たく破り捨てる父親(´へ`)
     王族のガキとケンカになったときはサボが全面的に悪いと サボを責める母親
     「おれは両親がいても、一人だった。」・・・貴族の生活がいかにむなしいか思い知らされたサボの一言
    そりゃ、サボがキレるのは あたりまえだ!


    もし、サボじゃなくルフィとエースが 貴族の家に生まれてても おそらくすでに"自分"ができている ふたりなら 勉強や習い事、王族の娘と結婚なんて事に、まったく 親の期待にこたえようとしなかったでしょう・・・

     「んなもん、やってられるか!」ルフィ&エースは そう言ってます。

    王族のガキから ちょっかいかけられても このふたりは 貴族<王族の身分格差なんかおかまいなしで 確実にボッコボコにしてたね。

     最後の見せ場で 盃をかわして義兄弟のちぎりをかわすシーンは 胸があつくなりましたよv-218  
     もやもやさんは どう思いますか?

  2. もやもや | URL | -

    コメントありがとうございます☆

    zebra さん

    こんにちわ。はじめまして。

    > もし、サボじゃなくルフィとエースが 貴族の家に生まれてても おそらくすでに"自分"ができている ふたりなら 勉強や習い事、王族の娘と結婚なんて事に、まったく 親の期待にこたえようとしなかったでしょう・・・

    そうだと私も思います。
    ルフィは自由という言葉を使っていますが、
    自分の道、生き方は自分で選びたいっていう気持ちが
    強いんでしょうね、、三人とも。
    だからこそ、兄弟になれたんだと思います。

    >  最後の見せ場で 盃をかわして義兄弟のちぎりをかわすシーンは 胸があつくなりましたよv-218  
    >  もやもやさんは どう思いますか?
    実は、はじめ(原作の時)は「えっ!?」って感じだったんですよね、、私の場合。
    ルフィの兄弟はエース一人だけだとずーーっと思っていたので、びっくりでした。

    でも、サボの背景とか三人のつながりが見えてくると、いい場面に感じるようになりました。
    アニメの場面はすごくよかったと思います^^

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック(言及リンク設定なしです。お気軽にどうぞ☆)

この記事のトラックバックURL
http://moyamoya2.blog99.fc2.com/tb.php/345-1538ed41
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。