--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンピース 第607話 海底1万mで見た光とナミの過去を呼び起こすもの

2010年12月13日

ジャンプ2号、ONE PIECE ワンピースの感想です。

以下、ネタバレになりますので、ジャンプを読んでいない方はご注意ください。

■■前回の感想次回の感想■■

【タイトル】
第607話 海底1万m

【扉絵】
リクエスト「自製のメカ馬に乗ったフランキーと、それと競争しているムスタング(野生馬)」

フランキーって上半身は改造しまくっているくせに、下半身はそのままですよね^^
ふとももに改造の跡(裂け目)っぽいのが見えたけど、これって昔からあったかな?

【本編】
謎の海賊?バンダーデッケンの登場と海底火山の噴火でドタバタ状態ですが、
ルフィが手なずけたクラーケン(スルメ)のお陰で、なんとか暗い海溝へ。
土石流に巻き込まれそうになりますが、ウソップの新技「緑星サルガッソ」
海草を出し難を逃れつつ、たどり着いたのは海底1万m「海淵」。

ウソップの新技、気になりますね。
パチンコを打つと植物を出せるようですが、特殊な種を打っているんでしょうか。
これがヘラクレスンが言っていたポップグリーンなのかな?

それに以前使っていたパチンコはカブトでしたが、今のは色が黒く変わってますよね。
大きさは変わらないようですが、カブト→ヘラクレスにバージョンアップしたかな。

あと、相変わらずサンジがおもしろいですね・・・。

サンジ、リハビリ中
サンジ何してるの?

このコマでサンジが何しているか最初よく分からなかったですが、
これって、チョッパーが言っていたリハビリですよね^^
肩からナミとロビンの写真がかけられてるし、見てるのも二人のアルバム?

「魚人島」を口にしただけで「ブバッ!!」してますし、
それにまさかサンジの本当の夢はオールブルーじゃなくて、人魚に会うことだったとは(分かってたけど・・・)

で、ついに魚人島が見えましたね!!

まだまだ全容は分かりませんが、シャボンに囲まれた空気のある島のようです。
大きいシャボンとその上に小さ目のシャボンがあって、大きい方にはなにか大砲?のような装置が見えましたが、
島の空気圧をコントロールするものとかかな?

上の小シャボンにはお城みたいな影が見えますけど、ここに人魚姫がいるんでしょうか。
とにかく、どんな仕掛けがあるのか楽しみですねー、魚人島!

で、魚人島に入りたいところなんですが、早速ルフィ達の前に魚人の出迎えが、、、
来たのは、新魚人海賊団戦闘員ハモンド(ハモの魚人)で、大きな海獣たちを引き連れています。

新魚人海賊団ハモンド!

反応を見る限り、クラーケンもこの魚人たちの部下のようです。
こいつらの指示で魚人島へ向かう海賊(人間)を襲っていたんでしょう、きっと。

左側に見える奴は剣をもっていますが、彼が魚人島No1の剣士ですか!?
いやいや・・・、まさかね・・・。

ハモンドの首にはアーロン一味のマークがあります。
はっちゃんのことを「幹部ハチさん」と呼んでいたので、立場ははっちゃんの下のようですね。

それに、お腹には「タイヨウの中に人間NG」が描かれたマークもあります。
タイヨウの海賊団のマークは真ん中は黒く塗りつぶされているはずなので、
これは新しいマークになりますが、分かるのは彼はアーロンと同じようにかなりの人間嫌いで、
初期のタイヨウの海賊団のメンバではないって事でしょうか。

太陽のシンボル
天竜人の紋章を消した太陽のシンボル
(53巻)

彼の年齢は分かりませんが、アーロン一味に入りたかったけど、
当時はまだ若かくて東の海に連れて行ってもらえず魚人島に残った、とかかな?

あと、新魚人海賊団の「新」の意味も気になるところ。
二年前の魚人海賊団の船長は「ジンベエ」だったはず。
ジンベエはルフィが修行に向かう前に魚人島に戻ったはずですが、彼はどうしてるんでしょう。
彼が船長なら麦わらの一味を歓迎するはずだし、「新」となるのもおかしい。。
旧=ジンベエ派、新=かつてのアーロン派という形で抗争でも起きてるんでしょうか。

それにハモンド本人が言っていたように、ルフィ達の味方になるのか敵になるのか、ですね。
(ルフィ達を脅して、試しているという可能性もありますけど。。)

彼はルフィをフィッシャー・タイガーと同じように「扱いが困る」と話します。
フィッシャー・タイガーは、かつてマリージョアに一人乗り込み、
奴隷解放を行って、後に魚人海賊団を結成し、外海に出た冒険家。

ハンコックとフィッシャー・タイガー
ニョン婆曰く、もう死んでしまったそうですが、
どんなエピソードがあるんでしょう?
(53巻)
たぶんハモンドが言った「扱いが困る」というのは、タイガーが魚人族でありながら、
ハンコックたち人間の奴隷も助けた事を指しているように思います。

長い間、人間から差別を受けていた魚人族から見れば、
奴隷でも人間は敵という立場を取った方が、シンプルですからね。
そういう意味では、王下七武海に入り、白ひげ海賊団と密に連絡を取っていたジンベエも
「扱いが困る」の部類に入っていそうですが。。

個人的には、ルフィと敵対する理由が今のところないので、
(ルフィには仲間意識はあっても、特定の種族に対して差別意識を持つことはないので、)
ハモンドたちの敵になることはないように思うのですが、どうなんでしょう。
最後にルフィは「いやだね~!バ~カ!!」と言っちゃったので、怒らせてしまったかもしれませんけど・・。

魚人島は一体どんな島なのか、
はっちゃんやケイミー、パッパグ、それにジンベエはどうしているのか、
ジンベエとアーロンとフィッシャー・タイガーのもろもろのエピソード・・・。
いろいろと気になる事が増えてきましたね!

魚人島については、前に妄想記事を書いてみたので、興味がある方はどうぞ。。

ワンピース 「魚人島編」に思い巡らせる(その1) (06/12)
ワンピース 「魚人島編」に思い巡らせる(その2) (06/19)
ワンピース 「魚人島編」に思い巡らせる(その3) (06/23)
ワンピース 「魚人島編」に思い巡らせる(その4)[最終回] (07/14)

あと最後に、このアーロンのマークを見たときのナミの表情です・・・。

ナミの表情とアーロン一味のマーク
切ない><

一味の念願の島「魚人島」ですが、それはナミの暗い過去を呼び起こす島なんですよね・・・。
ルフィ達と楽しい航海を続けてても、このマークを見ただけで、こんな悲しい表情を見せるんだから、
やっぱりまだ傷は癒えていない、というか一生残ってしまうものなのかな・・・。

実のところ、アーロンもかつて人間の奴隷(もしくは身内が奴隷)で、暗い過去があった上での
あの暴走だと勝手に思っていますが、まぁそんなエピソードをナミが魚人島で聞いたからと言って、
完全に癒されるものでもないですからね・・・。
ナミが魚人たちとどう向き合うのかも注目していきたいところです。

感想終わりです。

■■前回の感想次回の感想■■



コメント

※コメントの返信はたぶん、すごく遅いです。ご了承ください。
※コメントはツイッターからでもOKです。ご気軽にどうぞー。
  1. P | URL | nEN7dYjA

    はじめまして。
    いつも楽しく読ませていただいてます。

    1つ疑問に思ったのですが、今回のハモンドの「扱いに困る」という言葉、
    これは麦わらの一味の事だけを言っているのではないでしょうか?


    「"アーロン一味"の野望を打ち砕いた」麦わらの一味…敵
    「ハチを庇い、天竜人をぶちのめした("フィッシャー・タイガー"の様に)」麦わらの一味…味方

    ハモハモハモ!!(一拍)

    「まったく扱いに困る」


    と思ったのですが。

    なので、フィッシャー・タイガーについては複雑な感情もなく、
    純粋に尊敬されているものだと思われます(おそらくジンベエも)。

  2. もやもや | URL | -

    コメントありがとうございます☆

    Pさん

    はじめまして&遅くなりました。。

    ふむふむ。。
    Pさんの解釈でもよさそうですねー^^

    私の場合は、
    「フィッシャー・タイガーの様にハモハモハモ!まったく扱いが困る」
    と繋げて読み取っていたので、
    タイガーも扱いが困るに含まれているのかなぁと思いました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック(言及リンク設定なしです。お気軽にどうぞ☆)

この記事のトラックバックURL
http://moyamoya2.blog99.fc2.com/tb.php/315-3737633d
この記事へのトラックバック

徒然”腐”日記:Wジャンプ2011年02号感想

ダンナ様、今日は出勤出来ましたもうね、彼の場合、腰痛は自業自得というか・・・・・ちっとは痩せなさい!!っていうねーそんだけお腹回りに脂肪と言うお荷物を抱えてたら腰痛もそ...




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。