--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンピース 第602話 下舵いっぱい!!&麦わらの一味のチカラ。

2010年11月01日

ジャンプ48号、ONE PIECE ワンピースの感想です。
(ワンピース以外の感想は別記事で)

以下、ネタバレになりますので、ジャンプを読んでいない方はご注意ください。

■■前回の感想次回の感想■■


【タイトル】
第602話 下舵(しもかじ)いっぱい

【扉絵】
リクエスト「ウソップとカワウソが川で競泳しているところ」
逞しいぜ!ウソップ。今ならアラバスタのクンフージュゴンにも勝てるかな?

【本編】
再会したルフィとレイリー。二人の回想がちょっとありました。
ルフィが怒られる場面と二人が笑いながら食事するところ。
2コマだけだけど、いいですねー。
詳しく描かれるのは、ルフィが本格的に覇気を使いだしてからなのかな・・・。

(ルフィ)
行ってくる!!

(レイリー)
頂点まで行って来い!!!
弟子の船出
よしなに頼むよ・・・

交した言葉も短いんだけど、少ないからこそ、良い師弟関係なのがよく伝わってきます^^

二人が一緒に過ごしたのは1年半だから、期間としては仲間との冒険よりも長い。
ルフィが海へ出てから一番深く長く関わり、繋がった人物がレイリーになるわけですね。
修行の内容もそうですが、二人がどんな会話をして、レイリーが何をルフィに伝え、
ルフィはレイリーから何を学んだのか、気になります・・・。

で、ここでペローナが出てきましたね。
二年後のペローナ
ちょっと大人になった!?

ゾロをシャボンティ諸島に送ってくれたのも彼女だったみたいです。
しかも、「急いで出航しろ」と海軍の足止めをしてくれました。

まぁ、ペローナから見たらかつての敵だけど、一人だったらここまで戻って来れなかったかもしれないし、
寂しさを紛らわせてくれたのもゾロだったかもしれないし。。
腐れ縁と思っているかもしれないけど、一応、恩返しって事なんでしょうかねー。

麦わらの一味には入らないみたいですが、、今後はどうするんでしょう?
以前はモリアさんのところに帰りたいって言ってたけど、
一人で海に出るとは思えないし、ここに残ってレイリーのところにお世話になるのかな?

で、で、ついに!麦わらの一味が2年ぶりに再会しました!!!!
ナミとロビンを見て鼻血が止まらないサンジ、予想通りNEWフランキーに興奮するルフィ。
変わらないなぁ^^

ここからは、一味の出航の手伝いをしてくれる人たちがたくさん登場!

まず、ハンコックと九蛇海賊団
堂々と海軍の邪魔をして大丈夫なのかなと思ったりしますが、、
ハンコックを遠めで見て、即、石化したサンジには爆笑でした!!!

それに、ヘラクレスンも影からこっそりと!?
ウソップが島の状況を見て不思議顔をしてたので、内緒で付いて来たのかもしれません!
やさしいなぁ、ヘラクレスン!

一時、ナミを捕まえていたウェザリアも上空から「雨」で支援。
いろいろあったけど、ハレダスが「ウェザリアも寂しくなる」とぼやいていたので、
他の人たちともいい関係が築けたんでしょうね。(たぶん・・・)

引き続きペローナは海軍の足止めで、
ルフィたちをサニー号まで送ってくれたのはトリノ王国の巨鳥とチョッパー。
それに、カマバッカ王国のオカマたちは海兵たちを・・・。
(よく見ると一人、完全に海兵を食べてますよね・・・、こわっ!)

と、これまでバラバラだった一味を支えてくれた人たちの支援があって・・・、
やっと、やっと、ついに、ついに、次の島「魚人島」へ向けて、

魚人島へ出航!!
下舵いっぱい!!出航ぉぉぉぉぉぉぉ!

いいね!最高っ!!!
(いつもクールなロビンも「行くぞ!」と左手を挙げてます!)

あれ??でも、はっちゃん&ケイミー&パッパクはどこ?
魚人島まで案内じゃなく、魚人島を案内してくるのかな・・・。
それとも、魚人島に着くまでまだ何かあるのか。ちょっと気になる。

いやぁ、、やっと出航ですねェ。
ルフィ達の「次の島」が魚人島になったのはシャボンディ諸島でもなくスリラーバークでもなく、
ウォーターセブンですからねー。

ウォーターセブンのときの魚人島へ出航!!!!
コミックで言えば47巻、、長かった><

今回、一味の再会も出航も、もちろんうれしいけど、こっそり支えてくれた人達が良かった
こういう場面を見ると、仲間たちの個々の成長よりも、
まずは一味の可能性というかチカラを魅せつけられた感じがします。

戦争中、ミホークはルフィの事をこう評価していました。

能力や技じゃない
その場にいる者達を次々に自分の味方につける
この海においてあの男は
最も恐るべき力を持っている…!!
(57巻)

ミホークが言った、「味方につける力」というのはルフィだけではなく、
仲間全員がしっかりと持っているということなんですよね。

直接、手伝わなかったのはブルックとロビンということになるけれど、
ブルックは「シンガー」として多くの人を魅了してきたという経緯があるし、
ロビンの場合は「革命軍」なので、表立っての行動はできないでしょうから。
(ちなみに、ロビンと革命軍の関係は今も良好だと考えている派です。。)

それに、ミホークの台詞は「能力や技じゃない」とあくまでもルフィ「個人」に対するものだけど、
「海賊団」に対して言うなら「規模や数じゃない」と言い換えられるかもしれません。

「数」でモノを言わせてたクリーク艦隊はグランドラインから逃げ帰って来ました。
今回、偽者の麦わらの一味は「数」を集めても、海軍にあっさり捕まりました。
かつては、ロジャー海賊団は圧倒的な「数」で勝る金獅子のシキと五分に渡り合りあっていましたし。

ONE PIECEの世界では「数」だけじゃ頂点に立てず、
必要なのは「人を惹き付ける」力ということなんでしょう。ロジャーが海賊王になったように。。

この一人一人が「恐るべき力」を持った麦わらの一味というのは、9人と少数なんだけど、
今の世界や時代を変える力を持つ「海賊団」なんだなぁと、今回、まじまじと感じたのさ、、

次回はこのままルフィたちの話になるのか、、それともまだ出てきていない人たちが出てくるのか、
お楽しみはまだまだ続きそうです。

■■前回の感想次回の感想■■

発売日が迫ってまいりました!11月4日ですよ。


ONE PIECE GREEN (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2010-11-04)

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎
集英社 (2010-11-04)



コメント

※コメントの返信はたぶん、すごく遅いです。ご了承ください。
※コメントはツイッターからでもOKです。ご気軽にどうぞー。
  1. よちえ | URL | aEmTB4nk

    一味全員が持っている、「味方につける力」

    本当ですね、今まで人たらしはルフィだけのような気がしていたけど、
    今回のお話は、それを象徴するものだったのですね。

    これから先、まだまだたくさんの出会いがありましょうし、
    大小とり混ぜ、相当数の味方が、
    ルフィたちの後ろに控えている様を想像したら、
    それはもう、確かに民意と言ってもいいような気がしてまいりました。


    もやもやさんちのお話は、いつも壮大でステキだー。
    なのにやっぱりあたたかくて、ちょっぴり可愛い。

    「モヤモヤぶろ~ぐ2」は、
    ONE PIECEの世界そのもののようなブログだなと思いました(^^)


    個人的には、レイリー&ハンコックと対をなすはずの大物、
    ミホークが登場してくれないのが、なんともくやしいよちえより…
    小物すぎるませんか…ゾロの味方がペローナちゃんだけなんて…(←ゾロファン)

  2. レイラ | URL | -

    もやさんこんにちは!


    前回今回といい良いシーンばっかりですね^^

    2年間俺のワガママに付き合ってくれてありがとうと
    ルフィが船長として放った言葉
    なんか心に響きます。

    そしてふとおもった!
    強い子ですよねールフィは
    その顔にエースの死を乗り越えた感満載で
    悲しみやつらさとか
    もうそんな顔じゃぁないですもんねw
    仲間という大事なものに気づかされて以来
    死を乗り越えたのか、閉じ込めたのか、わからないですけどねw

  3. もやもや | URL | -

    コメントありがとうございます☆

    >よちえさん
    こんばんわ。

    > ルフィたちの後ろに控えている様を想像したら、
    > それはもう、確かに民意と言ってもいいような気がしてまいりました。
    うんうん、ルフィたちがこれまで通ってきた島の人たちもほとんど、
    麦わらの一味に好意を持ってきましたから、確かに民意を動かしていると言えますね!

    > もやもやさんちのお話は、いつも壮大でステキだー。
    > なのにやっぱりあたたかくて、ちょっぴり可愛い。
    > 「モヤモヤぶろ~ぐ2」は、
    > ONE PIECEの世界そのもののようなブログだなと思いました(^^)
    いえいえ、楽しんで頂ければ何よりです^^

    > 個人的には、レイリー&ハンコックと対をなすはずの大物、
    > ミホークが登場してくれないのが、なんともくやしいよちえより…
    > 小物すぎるませんか…ゾロの味方がペローナちゃんだけなんて…(←ゾロファン)
    ミホークは気になりますね~。
    次に会う時は「敵だ」と約束して分かれたのか、、
    それとももしかしてすでにゾロはミホークを超えた・・・とか。。
    いろいろと妄想膨らみます^^


    >レイラさん
    こんばんわー。

    >前回今回といい良いシーンばっかりですね^^
    >2年間俺のワガママに付き合ってくれてありがとうと
    >ルフィが船長として放った言葉なんか心に響きます。
    ですねー。
    いろいろと思い出されて・・・、泣けてきます><

    >そしてふとおもった!
    >強い子ですよねールフィは
    >その顔にエースの死を乗り越えた感満載で
    >悲しみやつらさとかもうそんな顔じゃぁないですもんねw
    >仲間という大事なものに気づかされて以来
    >死を乗り越えたのか、閉じ込めたのか、わからないですけどねw
    エースぅの事、ルフィが乗り越えたのかはまだよく分からないですね。
    2年前にまずやらなきゃ行けないことにレイリーが気付かせてくれて、
    夢中で強くなってきたという感じでしょうし。。

    ルフィの事だから仲間に気を使わせるのを嫌がって、
    早めに自分からエースの事は大丈夫だと言うかもしれませんけど・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック(言及リンク設定なしです。お気軽にどうぞ☆)

この記事のトラックバックURL
http://moyamoya2.blog99.fc2.com/tb.php/300-0d9286b5
この記事へのトラックバック

徒然”腐”日記:Wジャンプ48号感想

一言感想ですがネタバレ注意で銀魂は後ほどキモチワルイくらいに書きますんで(笑)表紙巻頭カラーはブリーチ背は藍染さんのアップ表紙・・・一護の背後にいるのは誰?・・・って最...

藤子・F・不二雄と徒然日記:ONE PIECE 第602話 下舵いっぱい 感想・考察

60巻発売が間近にせまってきた今日この頃、Amazonが送料無料をキャンペーンではなく本格的に開始というニュースが入ってきました。地方じゃ売ってない本なんかを買うには非常に便利になりました。さて余談はこの辺りにしといて、本編感想いきます。今回から画像をテーブル...




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。