--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ33号感想 「ぬらりひょんの孫」 羽衣狐のお体がとても美しゅうございました。他

2010年07月20日

遅くなりましたけども、ジャンプ33号、ワンピース以外の感想です。
ワンピースはコチラ

以 下はネタバレになるのでご注意ください。

■ ぬらりひょんの孫/椎橋寛/「第百十五幕 宿敵」

内容がどうこうよりも、今回は羽衣狐さま祭でしたね。
ほんと、美しゅうお体でした。

羽衣狐、裸
お美しい。。


羽衣狐、はだか
動揺するお姿もお美しい。。

で、土蜘蛛を一刀両断で勝ったと思われたリクオたちですが、、「ひざをついた」だけだったようです。。
そして、千年前にひざをつかさせれた「鵺」について話し始めるのですが、その鵺の正体はなんと・・・

千年前の京を支配した男「安倍晴明」

良く聞く名前が出てきましたねー。
彼は確か陰陽師でしたよね、、人じゃなかったってことか。。

あっ、あと、リクオの背中に仲間の「畏」が描かれていますよね。
一度纏った「畏」ってずっと残るんでしょうか。
だとすると百鬼夜行が完成したら、すごく綺麗な背中になるような予感。


■NARUTO- ナルト-/岸本斉史/「ナンバー501 九尾襲来」

九尾が復活してしまった木の葉隠れの里。

「泣くなサスケ・・・何があってもお兄ちゃんが絶対守ってあげるからな・・・」
イタチがやさしいなー。こんなイタチの姿を見ると、なんかサスケの心の闇も理解できる気もする。

で、始まった「ミナト」対「面の男」。そして、ミナトは推理する、この男は「うちはマダラ」ではないのか、と。
でも、面の男は「さあ どうだろうなあ」とはぐらかしていますね。

う~ん、ますますうちはマダラ本人ではないような気がしてきたぞ。
マダラの能力を受け継いでいるのは間違いなさそうだけど、、さてさて。。

超速勝負を制したのは、ミナト。
ミナトはやっぱり強いですね。時空間忍術がすごいというのもあるけれども。

面の男はこのまま消えるか死んだふりをしそうですね。
次は、ミナト対九尾に移るのかな?

■ 銀魂/空知英秋/「第三百十七訓 ウコン茶は二度見してしまう」

下ネタ祭りでした。以上。

■ 逢魔ヶ刻動物園/堀越耕平/「第2話 ウサギとゴリラの飼育員

結局、住み込みでバイトさせられることになった蒼井華。さっそく、ウサギ園長は、
「おまえが早く一人前になる」+「おまえが天下一人気の動物園にする」=「ワシが人間に戻れる」
と変な公式を押し付けてくれます。(もうこれはジャイアンだ・・・)

で、始まった飼育バイト。
最初のお相手は「ゴリラコング」。
小さい檻に入れられているゴリラ君を見て、華は園長に素直な気持ちを伝えなさいと勇気付けてあげます。
華の気持ちが伝わって、ゴリラ君は高い像の上から園長に意見を言おうとするのですが、
像の上から落ちそうになる。そこにウサギ園長が現れてゴリラ君のピンチを救ってくれたという展開でした。

自分にできる事を少しずつ見つけて成長する華。
それをわがままだけど、後ろから見守ってくれるウサギ園長。
う~ん、どうなんでしょ。これって、夏休み限定の華の成長物語になるんですかね。

■SKET DANCE/篠原健太/「第146話 大天使の小さな恋(バラード)」

久しぶり?に登場した、ダンテとコマちゃん。
おお、まさかこの2人の恋が・・・・・・、うまくいくはずはありませんでした。

というか、最後にダンテが「過ちのエンジェル(気の迷いでした)」って言ってるけど、
明らかにダンテの方が悪いですよねー。コミュニケーション能力って大事だね!

■サイレン /岩代俊明/CALL.127"生きる意味"

ハゲハと雨宮さんのノヴァ修行が終わらないまま、ワイズへの攻撃が始まります。

初戦?は、フーさまVSウラヌス第三星将。
ふむ、この戦いはまるで「メラメラ対ヒエヒエ」を見ているかのようだ。。

で、元老院ミスラという少年?が登場します。(初ですよね?)
マリーに向かっての第一声が「キミいい体してるね」とはなかなか度胸があるようですが、、
エルモアが見たマリーの未来ってこのミスラと関係してくるんでしょうか。

う~ん、「弱った体」「いい体してるね」という台詞を考えると、
マリーの体が奪われてしまうような気がしてきます。

グルゴリ実験体が生きる意味。それは、強さを求める事。
そして、ウラヌスのその言葉に動かさせたグラナ。でも最後の

「理想の世界はどうでもいい」
「初めて生まれた感情が外の世界を見たいという感情だった」
「だからまだ生きている」

とかこの辺ってどういう意味なんだろう。
グラナって、確か普通に人間として生きようとしてましたよね。
なんかグラナってアゲハと戦って、
最終的には味方になってくれる(力を貸してくれる)ようなキャラだと思うな。


■いぬまるだしっ/大石浩二/「第92回 アリス my LOVE!」

「G」ネタです。
「G」の男子が女子を連れ込むとか、イチャイチャとか、これはもう想像したくないわぁ。
それを、「ズム」ってやっちゃうアリスちゃんも怖いわぁ。
で、アリスちゃんっていろんな意味でアウトな気がする。

いぬまるだしっ 5 (ジャンプコミックス)いぬまるだしっ 5 (ジャンプコミックス)
(2010/06/04)
大石 浩二

商品詳細を見る
5巻には本編以外にも、
パクマン。とらぶる。スケダン。あねどきっ。サイレン。とのコラボが掲載されていてお薦めです。
「腹筋崩壊」間違いなしです(笑)


コメント

※コメントの返信はたぶん、すごく遅いです。ご了承ください。
※コメントはツイッターからでもOKです。ご気軽にどうぞー。
  1. みかん | URL | -

    こんにちわ。初めまして。

    もしよければ、相互リンクお願いできますか。
    サイト名は深紅い華です。よろしくお願いします。

  2. もやもや | URL | -

    コメントありがとうございます☆

    >みかん さん
    こちらこそ、はじめまして。
    こちらからもリンクさせて頂きました。
    今後ともよろしくお願いします!

  3. みかん | URL | -

    リンクの追加、ありがとうございました
    これからよろしくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック(言及リンク設定なしです。お気軽にどうぞ☆)

この記事のトラックバックURL
http://moyamoya2.blog99.fc2.com/tb.php/236-42f22641
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。