--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンピース 第590話 感想の続き、仲間がいるから誰よりも強くなれる

2010年07月09日

「第590話 弟よ」の感動の余韻がすごかったので、
感想の続きと言いますか、ルフィとエースの事をちょっと書きたいと思います。

以下、ジャンプ最新号の内容になるのでご注意ください。

■■前回の感想次回の感想■■
本感想はコチラ→第590話 弟に伝えたかったコト、ルフィが見失っていたモノ

シャボンティ諸島で一味とバラバラになった後、エースの処刑を知って、
「悪いみんな・・・!!おれちょっと寄り道していくよ」
と、ルフィは兄エースの救出に一人向かいます。

そう、長かったけどエース救出はルフィにとってはあくまでも寄り道のはずでした。

その間、新しい出会いやかつての敵との再会などもあり、部分的にルフィを成長させた面もありますが、
ニョン婆の言ったとおり「嵐の中にアリが一匹飛び込むような事」で、
そして、最後に待っていたのは「エースの死」でした…

エースの死を目の前に、その事実を受け止められないルフィは戦場のど真ん中で
精神崩壊の寸前までいき、気を失ってしまう場面は今思い出しても辛いものです。

そして、エースとルフィの過去編。
ルフィが「エースの死」から立ち直るヒントがあるはず!と始めは読んでいたのですが、
ここでも待っていたのはサボという新たな兄弟の登場と「サボの死」(生きているかもしれませんが)でした。

絶望の先に待っていたのはさらなる絶望・・・
サボとエース、2人の兄弟を失ってしまったルフィ…

そして、今回の「おれは弱い…!!何一つ守れねェ!!」
10年前と何も変わっていない自分を責め、自らを傷つけるルフィ。

エースも守れず、仲間もバラバラにさせられて、確かにルフィはまだまだ弱いんです。
まだまだ海賊王なんて遥か遠い先にある夢。

だけど、エースはルフィの事をちゃんと見てくれていた・・・
ルフィが大きく成長していた事、アラバスタでルフィの周りに頼もしい仲間がいた事を・・・

できの悪い弟を持つと兄貴は心配なんだ
おめェらもコイツにゃ手ェ焼くだろうが
よろしく頼むよ

この言葉に裏側に、成長した弟とその弟を守ってくれる仲間を見て、
「安心した」気持ちがあったなんて…、本当に号泣です。
そしてこのエースの「安心」という気持ちは過去編で、
2人の絆が徐々に深まってくる場面があったからこそ、心に響いてくるんだと思うのです。

エースの最期の言葉の中に、

サボの件と お前みてェな世話のやける弟がいなきゃ
おれは… 生きようとも…  思わなかった…

という言葉がありましたね。
エースにとっては白ひげ海賊団に身を寄せた今でもずっと変わらずにルフィの存在が生きる理由であった。
そして、そうさせていたのはルフィが「弱い弟」だったからだと思うんです。
「弱い弟」だからこそエースにとっては生きる理由になり得たんだと。

ルフィって「弱い」「強くなれない」「頭が悪い」とか言われたりしますけど、
(頭が悪いは関係ないね…(笑))、そういう一面があるからこそ、
心強い仲間が集まると思うんだし、仲間がいるからルフィはまだまだ強くなれるんだと思います。

ルフィが「エースの死」という闇に包まれたとき、
気付いたのが「強さを求めること」ではなく、見失っていた「仲間の存在」であった事は、
ワンピースという物語が「主人公がひたすら強さを求める物語」ではなく、
「麦わら一味全員がお互いの夢を叶えあう物語」なんだなぁと改めて感じました。

守りたい仲間がいるから、「逃げない」「敵を逃がさない」という強い心が生まれ、強くなれる。
きっとロジャーもそうやって海賊王になれたんじゃないかな、と思ったり。

もちろんそのためにはシャンクスが言っていたように、ルフィにはエースの死を乗り越えて
もっともっと強くなってもらわないといけないんですが。。

来週からの物語りも本当に楽しみですね。ワンピース最高!

■■前回の感想次回の感想■■
本感想はコチラ→第590話 弟に伝えたかったコト、ルフィが見失っていたモノ

以下は、他ブロガーさんの感想です。

【もの日々】さん
「ONE PIECE」 ルフィに対するそれぞれの思い・言葉に目から汗が止まらない!

Portrait.Of.Pirates ワンピースシリーズNEO-DX 白ひげ エドワード・ニューゲートPortrait.Of.Pirates ワンピースシリーズNEO-DX 白ひげ エドワード・ニューゲート
(2010/11/25)
メガハウス

商品詳細を見る
欲しかったのは「家族」。
ついに、白ひげが予約開始です。


コメント

※コメントの返信はたぶん、すごく遅いです。ご了承ください。
※コメントはツイッターからでもOKです。ご気軽にどうぞー。
  1. Clawhammer | URL | -

    ルフィーには、彼の為に命をかけてくれる仲間が
    あんなにいっぱい居るんだ。

    ちょっとだけ羨ましいです。

  2. もやもや | URL | -

    コメントありがとうございます

    >Clawhammer さん
    羨ましいですよね~。
    現実だと難しいですもんね、、
    ほんと、一味再会が待ち遠しいです^^

  3. りま | URL | -

    エースの最期

    もやもやさん、こんばんわ。

    私は、なぜあそこでエースが死ななければならなかったのか、なぜ背中からやられるてるのか今一つすっきりしません。

    例えば、悪魔の実の能力自体が、何か別の生命体のようなもので白ひげに寄生→白ひげの死に際に一番近くにいたティーチに宿替え→ティーチがグラグラの実の能力を得る
    そして、ティーチにやられて悪魔の実の特性に気づいたエースが、ルフィにメラメラの能力を与える為に意図的にあの最期の体制をとったのだとしたら・・・
    エースのあの最期にも納得できるのですが、いくらルフィをかばったにせよ、
    敵に背中をむけてやられるは、カッコ悪すぎてエースらしくない!

    ・・・長々とすみません。

  4. レイラ | URL | -

    こんにちわ!!

    私も感動が収まりませんよ!!

    ワンピースって子供にとっては、ルフィが強くて憧れで!
    でも、大人が読むと奥深くてとっても意味のある
    漫画ですよね。
    特にエースの死、これらは
    子供向けじゃなくって大人向けだなぁって
    そうふと思いました。

    大切なもの、大事な人
    かけがえのないもの。
    大人が忘れてるようなものをまた思い出させてくれるようなものもありますよね。


    さて月曜日です!!ジャンプ読みましたよ~♪
    もやもやさんの記事が楽しみでしょうがないです^^



  5. もやもや | URL | -

    コメントありがとうございます☆

    >りま さん
    こんばんわ!
    エースの事については、コミックが出たら詳しく記事を書こうかなと思ってます。
    でも、たぶんどんな記事を書いても、
    すっきりしてもらうのは難しいのかなぁと思ってます…

    あの最期の場面、これまでずっと背中を見せず戦ってきたエースだけど、
    あの時はもうルフィしか見えてなかった…、と思えば私は理解できてしまうのですが、、
    エースへの想い入れの差なのかなぁ…

    もちろん、エースには絶対に生きていて欲しかったですが、
    最期の「愛してくれてありがとう」の笑顔を何度か見返した時に、
    「エースの死」も受け入れてあげないと…、と思わされたのですが。。

  6. もやもや | URL | -

    コメントありがとうございます☆

    >レイラさん
    こんばんわ。

    >特にエースの死、これらは色付きの文字
    >子供向けじゃなくって大人向けだなぁって
    >そうふと思いました。

    他の少年漫画の方が「死」が身近にあることが多いように思うんですが、
    ワンピではそれが少なかった分、そして、それがエースだった…
    というのが大きかったですよね。

    でも、子供は立ち直りも早いですから。。
    ある意味、純粋にワンピを楽しめてるのかも…

    >もやもやさんの記事が楽しみでしょうがないです^^
    記事も感想も波があると思うので、、、、
    あまり期待しないでくださいね~~m(__)m

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック(言及リンク設定なしです。お気軽にどうぞ☆)

この記事のトラックバックURL
http://moyamoya2.blog99.fc2.com/tb.php/229-31b8f9a1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。