--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ31号感想 「いぬまるだしっ」ろくでなしブルースのキャラ弁がすごい 他

2010年07月06日

ジャンプ31号、ワンピース以外の感想です。
ワンピースはコチラ

以下はネタバレになるのでご注意ください。

■NARUTO- ナルト-/岸本斉史/「ナンバー500 ナルトの出生」

九尾の人柱力だったクシナが語る九尾襲来事件の真相。
渦の国ってずっと気になってましたけど、もうなかったんですね。
それに、クルクルマークが渦潮隠れの里との友好の証だったとは、これまたびっくり。

初代火影の柱間についても語られていましたが、
マダラとの戦いで九尾を手にしたというのはどういうことなんでしょうか。
もともと九尾はマダラのものだったという事?

出産の時期に九尾の封印が弱まる事を知って、襲撃にきた「面の男」。
もともと九尾がマダラのもので、「面の男」もマダラなら、
クシナが「なぜだかは分からないけど知っていたの」というのはおかしいですよね。
面の男はマダラではない?
となると、マダラの弟か、それとも・・・

クシナの出産は大変そうです(汗
「ナルト出て来い、九尾は出てくるな」とミナトも忙しそう。。

そして、生まれたナルトを奪った謎の「面の男」。
正体は誰だ!?ひえ~、気になる。。

■ 銀魂/空知英秋/「第三百十五訓 名は体を表す」


正直、う○こネタ、、好きじゃないな・・・
でも、銀魂は好き。

■ ぬらりひょんの孫/椎橋寛/「第百十三幕 遠野とリクオ」

「おことわりします」と鬼纏(まとい)を拒否するつららがかわいいですね。
これって今は一人ずつみたいですけど、
同時に複数の畏を纏えるようになったら強いですね。

あと、アニメ開始もおめでとうございます。
今日、MXテレビで見ます。

■SKET DANCE/篠原健太/「第144話 嬉遊(きゆう)を杞憂(きゆう)する希有(きゆう)な男」

タイトル解説。「楽しみ遊ぶこと」に「あれこれ無用な心配」する「極めて珍しい」男、ですね。
ちなみに希有は「けう」と読むことが多いですが、「きゆう」とも読むみたいです。

篠原先生、こういうネタは好きそうですね。
でも、そんなエニグマンの気持ち、なんかすごく分かるなぁ。。

■サイレン/岩代俊明/CALL.125"決戦前夜"

父の「ノヴァ」を学ぼうとするアゲハ。
お父さんはどうしてこんなすごい能力を使えるんでしょうか。
サイレンドリフトをやっていたわけでもないだろうし、サイレン世界になってから得た能力ってこと?

そして、「星空間・重力特異点」という名の「精神と時の部屋」で修行ですね。
無事、アゲハと雨宮さんは「ノヴァ」を身に付けられるでしょうか。

ちなみに「ノヴァ」を身に付けてから、
一旦過去に戻って、未来を変える作戦はダメかな・・・・?

■いぬまるだしっ/大石浩二/「第90回① 突撃!まるだしクッキング」

今回、すごくツボでした。おもしろすぎ。。。
これって、森田先生本人が描いてくれたんでしょうか??

森田まさのり、いぬまるだしっ
前田太尊リアル過ぎて、
食べれないでしょ(笑

ろくでなしBLUES 1 (集英社文庫―コミック版)ろくでなしBLUES 1 (集英社文庫―コミック版)
(2002/12/12)
森田 まさのり

商品詳細を見る
ろくでなしブルース
、おもしろいですよね。
また読みたくなった!・・・けど持ってない(泣



コメント

※コメントの返信はたぶん、すごく遅いです。ご了承ください。
※コメントはツイッターからでもOKです。ご気軽にどうぞー。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック(言及リンク設定なしです。お気軽にどうぞ☆)

    この記事のトラックバックURL
    http://moyamoya2.blog99.fc2.com/tb.php/228-28db7b58
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。