--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ ワンピース 第453話 ナミとフランキーの行方

2010年05月30日

久しぶりにアニメ ワンピースの感想です。


【タイトル】
第453話 「仲間たちの行方 空島リポートと改造動物」

無事にインペルダウンを脱獄したルフィたち。
奪った軍艦の上で空を見上げながらルフィが想うのは、エースの事?仲間の事?
そして、バラバラになった仲間のお話へ進みます。
仲間の行方シリーズは以前も一度やっていましたが、今回は2回目ですね。

で、今話は「ナミとフランキー」で、まずはナミから。

ナミがウェザリアに到着してからしばらく経ったらしい。
サミは寂しそうですが、前回より気持ちは落ち着いているみたいですね。

ウェザリアは空島ですが移動ができるようで、シャボンティ諸島に向かってくれているそうです。
が、、一日で200mしか移動していない…
でも、台風が来れば早く移動できるようなので、ナミが台風を起こせるようになるのかな?

お天気じいさん(名前はハレダス)はがっかりするナミに気遣って地上へ降ろしてくれることに。

で、ここから扉絵シリーズの場面ですね。(57巻にあるナミのウェザーリポート
ウェザリアでは研究費を稼ぐため、天気(今回は雨雲)を売っているみたいです。
今回は、雨が降らない村に雨を降らせて、村を救っていました。

気になるのは、そのシャボン玉の使い方。
シャボンディ諸島と似たシャボン玉が出てきますが、ウェザリアの方は火や雨雲を閉じこめたりしていますね。
空島を浮かせているのも大きなシャボン玉のようですし、特殊な加工がされているんでしょうか。
(船のコーティングの技術につながってる??)

ナミも当然ながらこのウェザリアの技術に興味を持ったようで、
しばらくここで天気の勉強をすると決意して、ナミの話はおしまい。

でも、久しぶりのナミはいいですね。
特に、何かを決意して「わたし決めたっ!」のナミが大好きだったりします。

続いて、フランキー。天才が生まれた島、バルジモア。

前回凍ったフランキーを少年(名前はキットン)が助けてくれましたが、
この島にコーラがなくて、紅茶エネルギーに改造されてしまったんですよね。
紳士フランキーもなかなか素敵ですが、キットンは元のフランキーが好きなようで、
元(野生)に戻そうと、なんとサイボーグアニマルの森に置き去りにします。。

すごい発想ですね、キットン君。

で、ナミと同じく扉絵シリーズの場面。(56巻のフランキーの今週のおれダメだ
サイボーグアニマルがたくさん出てきますが、全部ベガパンクが改造したもので、
そのまま放置してしまったらしい。
サイボーグアニマルはフランキーに襲いかかってきましたが、
最後は紅茶が沸騰?して復活したフランキーにボコボコにされてしまいました。。

ちなみに、サイボーグアニマルにはしっかりと番号が振れているようでしたね。
何か動物を改造したり番号付けするところは、モリアのゾンビたちと似ていますね。

そして、「KEEP OUT」のDr.ベガパンクの家へ。
危険な発明がいっぱいあるらしいですが、入ると警報装置が作動して、
フランキーが何か(ロボット?)を見て、「なんだこりゃ?」でおしまい。

ベガパンク情報が少ないですが、フランキーが見たのはパシフィスタのプロトタイプとかでしょうか?

仲間たちの行方シリーズはオリジナルがいっぱいあっておもしろいですね。
次回は、サンジとチョッパーですが、予告を見るとサンジが大変なことになっているようです(汗
でも、おもしろそう♪来週も楽しみです。


ONE PIECE 58 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 58 (ジャンプコミックス)
(2010/06/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る
表紙の面々が大将、ガープ、センゴクと大人な58巻。


コメント

※コメントの返信はたぶん、すごく遅いです。ご了承ください。
※コメントはツイッターからでもOKです。ご気軽にどうぞー。

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック(言及リンク設定なしです。お気軽にどうぞ☆)

    この記事のトラックバックURL
    http://moyamoya2.blog99.fc2.com/tb.php/214-4ed2d0c4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。