--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンピース 海賊狩りロロノア・ゾロの名台詞を振り返る

2009年09月13日

"海賊狩り"ロロノア・ゾロ について書いてみました。

亡き親友くいなと交わした約束を心に刻み
探し求めるのは世界最強の大剣豪
ゾロの進む剣の道は、厳しく険しいが、そこに妥 協は一切なし!
さらなる強さを求め、自分の身を敢えて苦境におく

■第6話 一人目


 海賊にはなってやるよ
 約束だ
 だがいいか
 おれには野望がある
 世界一の剣豪になることだ
 こうなったら名前の浄不浄も言ってられねェ
 悪名だろうがなんだろうが
 おれの名を世界中に轟かせてやる
 さそったのはてめェだ
 野望を断念するようなことがあったら
 その時は腹切っておれに詫びろ

たとえ悪と呼ばれようが犯罪者と呼ばれようが、ゾロには関係ない
目指すのは剣の道のみ、手段は選ばない
幼い頃に『くいな』と誓った約束はゾロのすべてだ。何よりも優先される。
ただ、その先に出会う新しい仲間により考え方は少しづつだが、変わってゆく…

第309話 グロッキー・モンスターズ


 ガタガタぬかすなチョッパー
 見苦しいぞ
 お前が海に出たのはお前の責任
 どこでどうくたばろうとお前の責任
 誰にも非はねェ
 海賊の世界でそんな涙に誰が同情するんだ
 男なら
 フンドシ締めて
 勝負を黙って見届けろ!!

ゾロの厳しさは時に仲間にも向けられる
甘えがちがチョッパーに対して、ゾロは海賊としての覚悟を厳しい言葉で伝える。。
初めて海に出たチョッパーにとって、とてもつらい言葉…
だが、、この一言で海賊としてのチョッパーの覚悟は決まった!?


第321話 一騎打ち


 
  一味の瀬戸際だ
 この決断があいつの気まぐれだろうとなんだろうと
 もしものときはそれに応えるだけの腹をくくっとけ

大将青キジの圧倒的な強さの前に一味は初めて窮地に立たされる
そんな中でも、船長への信頼は絶対的なもの、、その忠実さは揺るがず、
そして常に一味の先を考えている…

第333話 船長(キャプテン)


 それが船長だろ迷うな
 お前がフラフラしてやがったら
 おれ達は誰を信じりゃいいんだよ
 船を明け渡そう
 おれ達はもうこの船に戻れねェから

仲間との決闘、そして別れ
この時もゾロは"船長"としての決断をルフィに求める

第438話 プライド


 誰一人
 こっちから迎えに行くことはおれが許さん
 間違ってもお前が下手に出るんじゃねェ
 おれはアイツから頭を下げてくるまで認めねェぞ
 いいかお前ら
 こんなバカでも
 肩書きは船長だ
 いざって時にコイツを立てられねェ奴は
 一味にゃいねェ方がいい

 船長が威厳を失った一味は必ず崩壊する
 一味を抜けるってことはそんな簡単なことなのか!?
 おれ達がやっているのはガキの海賊ごっごじゃねェんだぞ

ウソップが戻ってくる!
一同、喜びに沸きたつ中もゾロの求めるものは厳しい。
仲間の復帰はゾロもうれしいはず、、
しかし、海賊としての規律、そして船長への忠実さを仲間全員に求めた。
そう、窮地に追い込まれたときこそ、リーダーへの信頼と忠実さが揺らいではならない。
求める道は孤高だが、チームワークとして何が一番大切なのかをゾロは知っている 。

第485話 麦わら一味・海賊狩りのゾロ


 わかった
 首はやるよ
 ただし、身代わりの
 このおれの命ひとつで勘弁してもらいてェ
 まだたいして名のある首とはいえねェが
 やがて世界一の剣豪になる男の首と思えば
 取って不足ねェはずだ
 そうするほか一味を救う手立てがねェ
 船長一人守れねェで
 てめえの野心もねェだろう
 ルフィは海賊王になる男だ

重い…
自分の野望を投げ打ってでも、船長と一味を守ろうとするゾロ。
昔では考えられなかったことかもしれない 。
仲間との冒険を重ねてゆく中で、自分の野望と同じくらいに『仲間との絆』、
『仲間の夢』への想いも大きくなっていたんだろうか。


長々と書いてしまいました。
ゾロは一味にはなくてはならない存在ですね。
まだ一味には副船長はいないですが、
やっぱりゾロがその役割を担っているんだなぁとつくづく感じました。
個人的にはエースが副船長になってもらいたいですが。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。