--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONE PIECE ワンピース 17歳のルフィ最後の冒険

2010年02月04日

遅ればせながら"17歳のルフィ最後の冒険"話題のキーワードに触れてみたいと思います。

ジャンプ最新号の内容を含んでいます。。
まだジャンプを読んでいない方にはネタバレになりますので、ご注意ください。


0巻の終わりに尾田さんがこう書いています。。

 

なお、今回のお話(STRONG WORLD)が、
ルフィの"17歳最後の冒険"となります。
何度でも見に来て下さい。

正直、自分ではここだけ読んでもまったく意味は分かりませんでした。。
で、この前

『愛蔵版コミックス ONE PIECE FILM STRONG WORLD EIICHIRO ODA ARTBOOK』
ONE PIECE FILM STRONG WORLD EI―愛蔵版コミックス


を買いまして、こちらにも似たメッセージが書かれていました。

… マンガやアニメに共通して言えることなんですが、
この物語が17歳のルフィ最後の冒険なんです。
だからしっかりと目に焼き付けておいてほしいですね。
(略)
今後の展開に期待して頂きつつ、
この映画を十分に楽しんでもらえるとうれしいです!

0巻のメッセージを読んだときは、
あくまでも映画の事に対してのものだと気にしていなかったのですが、
ART BOOKでは、"マンガやアニメに共通"と言っているので、
原作にも通じる重要なメッセージだと気づきました。

それに"今後の展開"と言っているし。

巷では、話が一気に飛ぶのではないかという予想が多いですよね。
ナルトは1部と2部の間で2年半の歳月が流れた設定になっていましたし、
ワンピースも同じような形で、数年度という展開になるのではということです。

0巻を読んだときは、いやぁそれは無いだろうと思っていたのですが、
ART BOOKを読んで、確かにあり得るかもと思いました。

特に、"しっかりと目に焼き付けておいてほしい"というところ。
ここの意味をよく考えれば、
ルフィにこれから大きい変化があることを感じさせますよね。
17歳のルフィの姿がもう見れなくなるから、目に焼き付けておいてほしいと。

ルフィの状況としてもエース救出の目的は果たせそうなものの、、
マゼランの毒の治療で10年の寿命を失い、
さらにイワさんのホルモンテンションを2回も打ち、 かろうじて今は元気ですが、
この後、ルフィには大きな後遺症が来るはず。

『白ひげVS海軍』の戦争では、
ルフィの周りを味方に付ける力でなんとか戦えている状況で、
たまに潜在能力は見せるものの、ルフィ自身が強くなっているように見えないんですよね。

それに、離れ離れになった一味。
グランドラインの外に出てしまった仲間もいるし、
全員の再集結はまだまだ時間がかかりそうだし。

ルフィがフーシャ村を出発してから、ここまで来るのに約1年
ロジャーがグランドラインを制覇したのは3年

時間をある程度経過させて、
テンションホルモンからの回復や覇気のコントロールなど習得させておく。
(そうなるとルフィはアマゾン・リリーに一度戻る?)

いろいろ考えていくと、"本当に"1年ぐらい話が飛んでしまう気がしてきました。


トラックバック(言及リンク設定なしです。お気軽にどうぞ☆)

この記事のトラックバックURL
http://moyamoya2.blog99.fc2.com/tb.php/109-7c044c04
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。