--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ ワンピース 第500話 奪われた自由!三兄弟に迫る貴族の罠

2011年05月29日

第500話、おめでとうー。
でも感想はいつもどおりの、今週のアニワン感想です。

■OP

安室奈美恵さんの主題歌「Fight Together」。いいですよね!
最近は「戦いの果てに~」のところで、くるっと回転のゾロに嵌ってます^^

で、CD出るみたいですね。

NAKED/ Fight Together/ タイトル未定

ジャケット、アニメ仕様verもあるとうれしいですが、、

■旗が飛ばされたら恥

秘密基地で暮らす、エース・サボ・ルフィ。
嵐が来たときに海賊旗が風に飛ばされないように頑張るルフィ。
サボが、

旗飛ばされちまったら海賊の恥だぞ!

と言っていましたけど、
チョッパーの時にルフィがヒルルクの海賊旗を守っていたのを思い出させる場面ですね。

まっ、今回飛ばされたのは(かけたのは)ルフィでしたけどね!
「笑ってないで助けてくれよ~」と泣きそうなルフィも良かったです。
まだまだ二人に甘えてる感じが残ってて。

■財産と地位

サボを取り返すため、父親とブルージャムがやってきました。

父親の第一声が「ギリギリ間に合ったようだな」でしたが、そうか、そうか、そういうことだったのね。
WJの時、今更なんでサボを取り返しに来たのか疑問に思っていましたけど、
グレイターミナルが火事になる前に息子を助けるのが目的だったみたい。

「頭の悪い息子をもって不幸」と言って賄賂を渡したり、「お前がもし人生に失敗しても」と、
本人の前で養子ステリーを迎えた理由を話したり・・・、
最悪な父親っぷりですが、血の繋がった息子は(一応)大事にしたかったんでしょう・・・か。
最後の方でサボが気付いたように、

お父さんも知ってたんだ
だから火事が起こる前におれを連れ出した
おれがバカ息子だとしても
うちの財産と地位を保つために

結局は自分の財産や地位を守るためにサボを必要としていただけなんですけどね。

■貴族と海賊貯金

エースとルフィを捕まえたブルージャム。
彼の話す内容が若干原作と違っているのが気になりました。

原作だと「おれは貴族に生まれたかった」とはっきり言っていたのに、
「貴族ってのは得だって思わねぇか?」みたいな言い回しになっていました。

アニメでは後で言わせる気なのかな。結構重要な台詞ですから。

エースとルフィがブルージャムの仕事を手伝っていたのも脅されたからではなく、
サボが戻って来たときのために海賊貯金を貯めておこうというエースの気持ちがあったんですね。

原作ではさらりと流していた部分に、細かく理由付けがされていてすばらしいです、アニワン!

■国の汚点と政府の視察団

ゴア王国がグレイターミナルを燃やすのは、三日後に来る世界政府の視察団に自国の汚点を見られないため。
(声だけの)国王が、

今日は風が強いな
事故など起こりやすかろう
火事など気をつけねば

と心配したふりをしていますが、絶対彼が命じてますよね!張本人ですよね!
汚い・・・、国王、汚い・・・。

東の海を回っている政府の視察団の目的も気になったりしますけど、
視察団対策にゴミ山を燃やして、きれいなところだけを見せようとしているのを見ていると、
結局は表向きな部分しか見て行かないってことですよね。

あの天竜人の視察ですし、単純に支配者目線で国を回ってチヤホヤされたいってのが目的なんでしょうか・・・。
実はあまり深い意味も無いようなそんな気がしました。

ということで、今週の感想終わりです。


超ワンピーススタイリングEX STRONG BROTHERS SPECIAL BOX (食玩)
バンダイ (2011-07-06)
売り上げランキング: 281
この三人が並ぶとかっこいいね~。
スポンサーサイト

ワンピース 第597話 すべては誰かの為に・・・「ゾロの覚悟」

2010年08月30日

ジャンプ39号、ONE PIECE ワンピースの感想です。
(ワンピース以外の感想は別記事で)

以下、ネタバレになりますので、ジャンプを読んでいない方はご注意ください。

■■前回の感想次回の感想■■

【タイトル】
第597話 3D(×で消す)2Y

【扉絵】
ドドン!!と白ひげとロジャー!!
この二人って最大のライバルであり、最高の親友だった感じがしますよね!

【本編】
ルフィからのメッセージを受け取った仲間たちの続き。
最後は一番鈍そうなゾロでした。

おれに剣を教えてくれ!!!

いきなりこの言葉が目に入って本当にびっくりしました。
なんと、ゾロはミホークに稽古をつけて欲しいと願い出ているのです。
シッケアール王国がミホークの住み処であると判明した時点で、この展開はあり得たんですが、
ゾロのプライドが絶対に許さないと思っていました・・・
(参考:第592話 ルフィへの想いと仲間からの「YELL」!!

でも、ゾロにはそのプライド以上に今必要なものがある、ルフィのメッセージを知ってそう感じたようです。

ヒヒなら全部倒した
後はお前の首だけだ

だが今お前に勝てると付け上がる程…
おれはバカじゃねェ…!!

首を取りたいといいながらも、自分の弱さを認め、ミホークに頭を下げる…
それを見たミホークが「何の為にだ!」と問うと、

お前を超える為に…!!!

最大の敵であり超えるべき存在の、その本人に向かって「剣を教えてくれ」と願う。
ゾロは不器用すぎる…、けれど、そんなゾロが良いわけで、大笑いするミホークもまた良い。

不器用な奴め
お前のような男がプライドを捨てるときは
必ず誰かの為だと決まってる

ゾロに稽古をつけてやる、ミホーク
ミホークはゾロの本心を理解してる

回想シーンはなかったけど、絶対にこの場面を思い出しているんだと思う。

ゾロのルフィへの約束とミホーク
ミホークとルフィの前で誓った「絶対に負けない」

ミホークは過去にルフィとゾロの強い絆を目の当たりしているからこそ、
そして、「おれを超えてみよ」と自分が認めた男だからこそ、
ミホークもプライドを捨て、将来自分を超えるかも知れない(超えられる事を望んでいる?)男に稽古をつける!!

ふぅーーーーーーーーー、ゾロもミホーク師匠も熱すぎるぜッ!!!

ルフィのメッセージはタイトルにあるように「3D(×)2Y」で、「3日後じゃなく2年後に集合」だったようです。
2年は長すぎるなーと思って少し否定的だったのですが、
新世界の壁を乗り越えるためにはそのくらい必要ということなのですね。
シャッキーの「少し時間がかかる」は、「実は2年でも足りない」という意味が込められているのかな。
それにくまがシャッキーたちの前に現われたは、サニー号を安全な場所に移動するためのようですね。

で、話は数日戻って、ジンベエは2年後に魚人島で会おうと約束して、ルフィの元を去っています。
ルフィが着いた島はカームベルトにある「ルスカイナ」、そこでルフィの覇気の修行が始まるようです。

レイリーの覇気の解説まとめ。

"覇気"とは全世界のすべての人間に潜在する力で、"気配""気合""威圧"など当たり前の感覚として存在する。ただし、大半の人間はその力に気付かず、引き出すことも困難なものである。覇気は大きく「見聞色」と「武装色」の2種類に分けられる。「見聞色」は相手の"気配"を強く感じる力で、視界に入らない敵の行動を読み取る事もできる。空島ではこれを"心網(マントラ)"とも言う。「武装色」は見えない鎧を着る様な力で、相手に向ければ攻撃にも利用できる。そして、この「武装色」の覇気は悪魔の実の弱点をつく以外では、唯一の対抗手段であり、ロギア系の能力者の"実体"を捉えることができる。また、「武装色」は武器に纏わせることも可能。そして、「覇王色」の覇気とは相手を威圧する力で、使用者の気迫そのもの。本人の成長でのみ強化され、コントロールすることは可能だが、鍛えることはできない。

流石レイリーさん、分かりやすい説明でした。

覇気と心網(マントラ)と「声」の話
この記事で覇気の根源は「声」じゃないかと書いていたんですが、
「すべての人間に潜在する力」が空島で言うところの「声」だったということなのかな。

レイリーは2年間で3つの覇気の基礎を叩き込むつもりのようです。
得手不得手も出てくるらしいですが、ルフィはやっぱり「武装色」ですよね。「見聞色」の習得は辛そう・・・
上の記事でも書きましたが、読み取る力はコビー(もしくはゾロ?)が補ってくれるような気がしています。

そして最後の場面・・・、
海賊"麦わらルフィ"はちょっと休業と言って「麦わら帽子」とビブルカードを置き、ルフィとレイリーの修行が始まる…

麦わら帽子とレイリーのビブルカード
呼び方にちょっとこだわろうとしたレイリーがかわいい。


そう言えば、0巻が出たときに「ルフィ17歳最後の冒険」というのが少し話題になっていましたよね。
(参考:17歳のルフィ最後の冒険
このメッセージの解釈としては、『ストロングワールドが17歳のルフィの姿が見られる最後の冒険になるから』
というだったんでしょうね・・・。このとき原作では一味がバラバラになって、ルフィにとっては冒険ではなく、
エースを救うための話になっていましたから。本当に数年後に飛ぶ展開になるとは・・・、ビックリですね。

しかしねぇ、、うーん…
いや、物語としてはすばらしいです。まったく不満もないです。
ワンピースが2年ジャンプするのもいいし、麦わら一味の成長と再会に胸が高鳴るのですが・・・・・・・・・・

4週間休載て…

もうすでにこの件は耳に入っちゃってたし、もうテンションだだ下がり…
巻末コメントもさらに追い討ちかけてくるし・・・(苦笑)

4週間はながーーーーーーーーいよ!!><

■■前回の感想次回の感想■■

ワンピースコレクション ~自由への誓い~ BOX (食玩)ワンピースコレクション ~自由への誓い~ BOX (食玩)
(2010/11/03)
バンダイ

商品詳細を見る
おれたちは誰よりも自由に生きるんだ!

ワンピース 第596話 仲間たちの決意がスペクトル!!

2010年08月23日

ジャンプ38号、ONE PIECE ワンピースの感想です。
(ワンピース以外の感想は別記事で。)

以下、ネタバレになりますので、ジャンプを読んでいない方はご注意ください。

■■前回の感想次回の感想■■


【タイトル】
第596話 "SPECTRUM(スペクトル)"

【扉絵】

なんと!

大人になったサボとルフィとエース
びっくり!!!

エースとルフィ、大人になったサボじゃないですか!
大人になってもこの3人は食い逃げ常習犯(ルフィは宝払い)してるってことなんですね。

エースの左腕を見ると「ACE」になってますよね…
「S×」がないという事は、もしもサボが生きていたらこうなっていたよって意味なんでしょうか。
やっぱり、サボは生きてないのかな。それともサボ再登場を意味しているのか。
うーん、さらに分からなくなってきた・・・
あと、気になったのはサボが持ってる棒が長すぎ!!微妙に枠からはみ出してるし。

でも、、この扉絵は見れば見るほど悲しくなってくるのはなぜだろう・・・><

【本編】
ルフィのメッセージを見た仲間たちのその後の話。
ウェザリアのナミから始まります。
前回、ナミはハレダスを人質に取って、ルフィの元へ急ごうとしていましたが、
チョッパーと同じように島に戻っていたようですね。
相変わらずナミの手玉に取られる空島のじいちゃんたちが素敵です。

あ 名前はナミ!
気軽にナミさんって呼んでね!
あと 住む家が一軒欲しいな
よろしくね空のじいちゃん達っ!

ナミは住む家が欲しいと言っていますね。何やら長期滞在の予感

ウェザリアは「風の趣くまま」世界を漂って、世界中の天候を記録しているとのこと。
ナミが手にした本にはウルージがたどり着いたカミナリ島も載っていたようです。
そして、ナミが知りたいのは「新世界の天候」だと言って、仲間への想いを話すのですが・・・、、

船長の望む場所へくらい
どこへでも ちゃんと連れてってあげられなくちゃ!!

ルフィは"海賊王"になるって言うんだから
私だって並大抵の航海士じゃいられないのよ!!

始めは(特に空島では)、ルフィの冒険心に呆れている面が強かったように思うのだけど、
「どこにでも連れていけるようになりたい」っていうのは…、本当にいいですね。
それに、ルフィに対する気持ちも…、、

放っといたら死んじゃうんだから
バカだし世話がやけるのよ

助けてあげたいと決意するナミ

だから助けてあげるの!
(今度は私が!)

あぁぁぁぁぁぁ、「今度は私が!」のところはぐっとくる。。
ナミもココヤシ村での「助けて・・・」「当たり前だ!!!」の場面を思い出していますが、すべてを救ったのはルフィ。
普段口に出す事は少ないけど、ルフィへの感謝や恩返したい気持ちは人一倍あるはずなんですよね。

ナミは新世界の天候の知識と「天候ボール」を利用した新しい武器を手に入れることになりそう。
先に入ったルーキーたちは新世界の天候や島に苦労していたので、ナミの新しい力は頼りになりそうです!

次はグランドラインの剣山島「テーナ・ゲーナ王国」のブルック
檻の中で見世物になりながら、「ボーン!」と新聞を読んでいます。
周りには「手長族」がいっぱい。。

で、ブルックが何を決意したのか…
ブルックといえば「剣と音楽」ですが…、檻の中でどうするんでしょう。
最後の「骨 to be wild」は有名な音楽「born to be wild」にかけてるんでしょうか?
ブルックが持っているギターはアコギみたいですけど。。

次は、ロビン。予想通りというか、ドラゴンに会う事を決めたようですね。
そして、ただ会うだけではなく、

ルフィ…
あなたのお父さんの下で
世界の流れに身を投じれば…
少しは強くなれるかしら

「世界の流れに身を投じる」と言っているので、しばらく革命軍と一緒に行動しそうです。
ロビンは謎解き専門だと思うので、必要なのは「情報」。
うーん、ロビンとドラゴンの間でどんな会話がされるのか、楽しみで仕方がないです。

誰かの為に強くなりたいなんて
考えた事もなかった・・・

ロビンのこの気持ちもいいなぁ…。
確かにW7では「仲間のために犠牲になる事」は考えていたけど
「仲間のために強くなる」
というのはなかったですよね。

サウロが最期に言った「海で・・・必ず待っとる仲間に会いに行け!!ロビン!!」
本当の仲間に会えて、やさしさを取り戻していくロビンに涙です><

相変わらず丸焦げ状態のフランキー

何やら爆発した研究所とは別の研究所があって、そこには「兵器的」な発明の情報がたくさんあるようです。
そこでルフィの夢のためにどんな冒険にも耐えられる技術」を手に入れることを決意してるんですが、
この人また事件を・・・。

今度は「バルジモアの燃える霊獣伝説」ですか。。。。。
フランキーって一人にしたらこんなことばかりするんでしょうね。
ほんととんだお騒がせ野郎だぜ、バカンキーは!(笑)

ボーイン列島の太ったままのウソップン!
「痩せて、筋力もつけて、強くなる」事を決意しています。

おれは・・・心のどこかで・・・
ルフィって奴は・・・見ているだけで
勝手に海賊王になっちまう奴だと思ってたんだ・・・

ウソップンはルフィの事をこう思っていたようですが、
(一時的に)W7で一味を抜けた時もこんな事を言っていました。

正直おれはもうお前らの化け物じみた強さには
ついていけねェと思ってた!!

弱ェ仲間はいらねェんだろ!!!

ルフィ お前は海賊王になる男だもんな
おれは何もそこまで"高み"へいけなくてもいい・・・

ウソップが見せた本音、メリー号
ウソップンが見せた本音!

当時はメリー号の事でゴタゴタしてましたけど、ウソップの本音が出たのだと思います。
その後一味に戻っても、心のどこかではずっとルフィとの距離を感じていたんでしょうね・・・

でも、一味がバラバラになって、ルフィが戦場で何もできず兄を失った事を知って初めて気付く。。

ウソップの決意!
あいつにはおれ様の力が必要なんだ!!!

「おれ様」というところがウソップンらしいし、逃げ腰の性格は治らないかもしれないけど、
伸びしろがある分、一番成長するのはウソップンかもしれません。期待です!!

あと、ヘラクレスンの武器の秘密が少し分かりましたね。
「ポップグリーン」という植物らしいですね、どうやって使うんでしょ?、気になります。

今週号は特に良かったなぁ・・・。
ナミは「ルフィを助けたい」と願い、ロビンは「誰かの為に強くなりたい」と想う。
ブルックも改めて「ルフィに恩返ししたい」と考え、フランキーは技術を身に付けてルフィを新世界へ導く事を決意する。
そして、ウソップンは「自分がルフィに必要な事」に初めて気付く・・・、と。

ルフィはいつも口癖のように「海賊王におれはなる」って言っているものだから、
仲間たちもなれるものだと思い込んだり、ルフィの強さに頼っていた面があったかもしれないですね・・・

麦わら一味の結束は強いものだと思っていたけど、今回のルフィの一件で、
逆に「ルフィを海賊王にするのは自分達なんだ」と決意する仲間の気持ちの変化に胸打たれました。

あと残ったのはゾロだけかな?
ゾロは今回の仲間たちとはちょっと違う感じになりそうですが、
ミホークさんもペローナもいるから展開が楽しみですね。

■■前回の感想次回の感想■■

ワンピースフィルム ストロングワールド DVD 10th Anniversary LIMITED EDITION 【完全初回限定生産】ワンピースフィルム ストロングワールド DVD 10th Anniversary LIMITED EDITION 【完全初回限定生産】
(2010/08/27)
田中真弓中井和哉

商品詳細を見る
今週、金曜日発売ですよ!

ワンピース ポートガス・D・エースに起きた出来事の意味を考える

2010年08月19日

タイトルのとおりです。。

以下は、ジャンプ最新号の内容を含んでいます。
妄想もあります。ご注意ください。

■はじめに

ワンピースの物語の中で、しかも現在進行形で明確な「死」が描かれたのはエースが初めてだと思います。
(過去編では、ゾロのくいなやナミのベルメールさんなど、仲間の身近な人が亡くなってしまうことはありましたが。)
それまでワンピースでは「人は死なない」という事が定説みたいになっていた分、本当に悲しい出来事でした。

しかし、初めて描かれる明確な死がルフィの大切な兄である「エース」だった・・・
なぜ、エースでなければならなかったのか・・・

ルフィが強くなるためにはエースの死が必要だった・・・・
それもあるとは思うのですが、きっとそれだけではない大きな意味があるのだと思います。

■ルフィとロジャーが同じ空気を持つ理由

これまでルフィと出会った人達は、ロジャーと似たものを感じていることが多いです。
実際にロジャーと関わりのある人のほとんどはルフィにロジャーを重ねていると言ってもいいかもしれません。
(まったく感じなかったのはバギーだけ・・・かな。。)

(スモーカー)11巻
22年前・・・!!
この町のあの処刑台で笑った
海賊王Gロジャーと同じように

(クロッカス)12巻
あいつらは・・・
我々の望んだ海賊たちだろうか・・・
なんとも不思議な空気をもつ男
なァロジャーよ

(ガンフォール)32巻
あの麦わらの小僧だが
かつてのロジャーと似た空気を感じてならぬ
"D"・・・成程名が一文字似ておるな!

(シャンクス)52巻
"東の海に・・・"
ロジャー船長と同じ事を言うガキがいたんだ・・・!!
船長のあの言葉を・・・!!

スモーカーは処刑台の上でロジャーと同じ「笑った」事をきっかけにルフィを追うようになります。
かつてロジャー一味の船医だったクロッカスはルフィの事を「不思議な空気を持つ男」と表現し、
ロジャーの待ち人であるかのように感じています。
ロジャーと空島で出会い友人となったガンフォールはロジャーと同じ空気を感じています。

そして、シャンクスはロジャーと同じあの言葉を言っていたとレイリーに伝えています。
(おそらくこの「言葉」がルフィに「次の時代を懸ける価値がある」と感じさせたのだと思います。)

ルフィがロジャーと似たものを感じさせるのは「Dの名」がそうさせているのだと思いますし、
大きな夢や強い意志のようなものが"海賊王"ロジャーと似たものを感じさせているのかもしれません。
ルフィが生まれながらにして持つ雰囲気がロジャーと似ているという事だと思いますが、
でも、きっとそれだけではないと思います。

ロジャーからエースを託されたガープは、そのエースとルフィをダダンの元で引き合わせます。
ルフィが7歳の時エースと出会い、エースが船出するまでの7年間は二人一緒に暮らし、同じ環境の中で育ちます。
エースを兄と慕いながら共に生きたルフィの7年間、
「海賊になること」「誰よりも自由に生きる事」そして「サボの件」、
同じ夢や出来事をエースと共有した時間が今のルフィのほとんどを形作っているはずなのです。

ルフィが"海賊王"ロジャーと似ているとされるのはその"エースの存在"と一緒に生きた7年間があったからこそで、
ロジャーの実子であるエースがルフィにロジャーの空気を吹き込んでいたのだと思います。

※ただし、シャンクスの「あの言葉」だけはルフィがエースと出会う前の話なので、
これはエースの影響を受けていないルフィ自身の言葉だと思いますが。

■エースの意志を継ぐ事、それはロジャーの意志を継ぐ事・・・

本来なら(普通の漫画なら?)、エースがロジャーの実子であると判明した以上、
海賊王の血を継いだ正当な後継者という意味で、エースが次の海賊王となるべきなのです。
白ひげがエースを海賊王に育てたかったように。

しかし、作者はそうしませんでした・・・
幼い頃兄弟の契りを交し、エースを兄と慕い目標とする弟のルフィを海賊王にしようとしています。

同じ戦場で戦死した白ひげはこんな言葉を残しています。

ロジャーの意志を継ぐ者達がいる様に
いずれエースの意志を継ぐ者も現れる…

この白ひげの言葉の中の、
ロジャーの意志を継ぐ者達はシャンクス、ドラゴンを含め22年間の処刑に立ち会っていた人たちを指し、
そして、エースの意志を継ぐ者はルフィ(麦わらの一味)を指しているのだと考えていますが、
エースの死によって、ロジャーの血縁が完全に途切れた事になります。

けれど、ルフィはそのエースと兄弟の契りを結んでいました。

エース亡き今、残されたルフィはエースの意志を継ぎ、これから自身の夢「海賊王」と、
エースが言った「お前の夢の果て」へ向かって進みます。

(エース)
心残りは…一つある
お前の…"夢の果て"を見れねェ事だ…
だけどお前なら必ずやれる…!!!
おれの弟だ…!!!

そしてエースの意志を継ぐ事は、ロジャーの意志を継ぐ事も意味しているのだと思います。

シャンクスの言っていたロジャーと同じ「あの言葉」、エースの言ったルフィの「夢の果て」、、
ルフィとエースの過去編で敢えて伏せられた「ルフィが語った夢」、
この3つの場面は繋がっているものだと思います。

シャンクス、ルフィが言ったロジャーと同じ言葉とは
シャンクスを驚かせた
ロジャーと同じあの言葉とは・・・
(52巻)

エースが見たかったルフィの夢の果て
エースが見たかった、
ルフィの夢の果て・・・
(59巻)

ルフィがエースとサボに語った夢
エースとサボに語ったルフィの夢には、
きっと夢の果てが含まれている
(60巻)

船長の"あの言葉"とはルフィの"夢の果て"であり、"ロジャーの夢"でもあった・・・
つまり、ルフィの"夢を果て"を叶えることは、ロジャーの"果たせなかった夢"を叶えることでもある・・・

ワンピースと言う物語の中盤で、ロジャーの実子でルフィの兄弟であるエースの死を介し、
ロジャーとルフィの夢を交錯させながら、ルフィを次の海賊王に・・・、
そして、"夢の果て"へ進ませようとしているのだと、そんな気がしています。

そして未来… いつの日か
その数百年分の"歴史"を全て背負って
この世界に戦いを挑む者が現れる…!!!

それに白ひげが言ったように、ロジャーの意志もエースの意志も今の世界との戦いであると・・・
これまでは麦わら一味の冒険が物語の中心になっていましたが、
エースの死によって、ルフィはロジャーとエースの意志(Dの意志)を背負い、
今の世界(世界政府)に戦いを挑んでいく事になると思います。

■"血縁"よりも"意志"が重要

エースとルフィはあくまでも義兄弟。ルフィはロジャーの意志を継いでも、血を継ぐ事はできません。
白ひげの最期の言葉の続き。

"血縁"を断てどあいつらの炎が消える事はねェ…
そうやって遠い昔から脈々と受け継がれてきた…

あいつらとは"Dの意志を継ぐ者たち"を指していると思います。
そして、血縁を断ってもその意志(炎)は消えないと白ひげは言います。

22年前のロジャーの処刑、そして今回のエースの死。
Dの名を持つ者たちが、今の世界を支配している世界政府によって滅ぼされる出来事は、
遠い昔から何度も繰り返されているようです。
きっとそれは、空白の100年が明けてから現在に至るまでずっと・・・
しかし、意志を托し、託されたものがまた他の誰かに意志を托し、消えることなく受け継がれてる・・・

上でも書きましたが、血縁が重要なら"エース"が海賊王になるべきで、
ワンピースもエースが見つけた方がいいはずなのです。

そうならなかったのは、ワンピースを巡る戦いが"血縁"ではなく"受け継がれる意志"に
基づいている事を印象付けたかった
、そんな意図もあるように思います。

(つまり、「D」とはクローバー博士の仮説に出てくる王国の子孫(末裔)ではなく、
あくまでもその王国の意志を継いだ者を意味する「名」ではないかという事だったり、
それに、おそらく血を重視する天竜人や貴族社会との対比だったり・・・。)

■ワンピースは意志と夢を繋いでいく物語だと思ふ

最後に、、私の中ではワンピースは人を意志と夢で繋いでいく物語だと感じているし、
一番のおもしろさもそこにあると思っています。

ゾロはくいなの意志と夢を背負って世界一の大剣豪になろうとしています、
サンジは自分の夢とゼフの夢を重ね、オールブルーを見つけようとしています、
ロビンはサウロとオハラの意志を背負って空白の100年の謎を解き明かそうとしています。

でも、ルフィには海賊王になる!という大きな夢はありましたが、
大切な人から受け継いだ意志はこれまでなかったように思います・・・

シャンクスから麦わら帽子を受け取りましたが、あくまでも立派な海賊になって再会するための約束であって、
明確な意志が込められているわけではないと思いますし。

仲間には過去に起きていた大切な人の意志や夢を受け継ぐプロセスがルフィの場合は現在で起きた・・・
エースの死は読者にとっても辛い出来事ですが、意志と夢を繋いでいくワンピースという物語の中で、
彼の死は必然だった・・・・・、そんな風に感じています。

と、いろいろ書きましたが・・・、物語としては必然だったとしても、
一ファンとしてはとても残念ですんなりと納得できないのも事実。。

本来少年漫画で「死」はあたりまえ、「死」そのもの自体に意味なんてないよと、
言われればそれまでなんですけどね・・・

長くなりましたが、ここまで読んでもらってありがとうございますm(__)m
内容がまとまれば、つづく・・・かもしれません。


One day(ジャケットA)
One day(ジャケットA)
posted with amazlet at 11.06.18
THE ROOTLESS
rhythm zone (2010-10-20)
売り上げランキング: 5078
ご存知、アニメワンピースの新OPの「One day」。
きっとタイトルの「One day」には、「One Pieceのおかげで今日(today)がある!」
って意味があるんだと勝手に思ってます。
熱いぜ!ルートレス!!

アニメ ワンピース 第462話 世界を滅ぼす力!グラグラの実の能力

2010年08月15日

先週見れなかったけど、今週は見ました。
なので、早速感想です。

以下、ジャンプ最新号の内容を含んだ感想になるのでご注意ください。

■グラグラと海震と黒ひげ

白ひげの海震ですが、これってアニメで見ると本当にスゴイ力だなーって改めて感じます。
無差別攻撃を仕掛けるならほぼ無敵。
確かに「世界を滅ぼす力」と言えますよね・・・
黒ひげが狙っていたのも分かる気がします。

黒ひげって、マゼランに作戦なしで突っ込んだり、船は丸太舟だったりで、
無茶・無謀な行動が多いし、時折見せる小物っぷりも酷かったりしますよね。
でも、一番彼の恐ろしいところはこの計画性ですよね。
何十年も「ヤミヤミの実」を手に入れるためだけに白ひげの船に乗って、
インペルに侵入するために七武海に入る、そしてチャンスをまって、
白ひげのグラグラの能力を奪う。
ホント怖い存在です、黒ひげティーチは。

■海震とヒエヒエ

白ひげの海震でルフィ達の軍艦が押し戻されていく場面は原作にはなかったですよね。
最後にバギーが「なんじゃあれはー?」と言っていましたが、
青キジのヒエヒエで海が凍っていく場面と繋がっているんでしょうか。

で、その海震から生まれた大津波をあっさり凍らせてしまう青キジのヒエヒエもスゴイ力。
この力があれば世界を氷河時代にする事もできそうですよね。アイスエイジだけに。
ある意味これも「世界を滅ぼす力」なのかも。。

■たしぎさん


たしぎって視力悪いキャラですけど、戦うときってメガネしないんですよね。
なんでだろ?ってちょっと思いました。。
あと、ミホークの「黒刀 夜」の解説を真面目にしていましたが、
心の底では「ほしい・・・」と思っているんでしょう、きっと。。

■スクアードさん

確かに原作でも舌をずっと出してましたけど、アニメで見るとホント変ですねー(笑)
ギャグっぽく見えます・・・、けどコイツが。。

■ミホークさん

最後、ミホークさんが白ひげに向けた「一撃」で終わりなんですが、、
ミホークさんはやっぱりカコイイですねー。
斬撃が「青?緑?」っぽかったものも気になりましたけど。


ワンピースフィルム ストロングワールド Blu-ray 10th Anniversary LIMITED EDITION 【完全初回限定生産】ワンピースフィルム ストロングワールド Blu-ray 10th Anniversary LIMITED EDITION 【完全初回限定生産】
(2010/08/27)
田中真弓中井和哉

商品詳細を見る
発売日近づいて来ましたね!!
ヒャッハー!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。